競争力のある会社にしたい

2016年3月21日

コップ半分の水は多いか少ないか?この問いが判断の訓練になる

発想法 部下育成

pixta_3733626_S

突然の値引きの相談…

ある日の午後、中堅社員のAさんは、担当している取引先Z社からの電話を受け、何やら話し込んでいました。どうやら、現在、継続して取り引きのある製品について、値引きできないか相談されているようです。

「ご要望は分かりました。社内で検討した上で、明日の17時までに回答させていただくようにいたします」と言って受話器を置いたAさん。その後、しばし、悩んだ様子だったAさんは、課長のもとに行って状況を報告した後に、「どうしたらよいでしょうか」と尋ねました。

Aさんからの質問を受けた課長は、逆にAさんに問いかけました。「状況は分かった。ただ、まずは担当者としての意見を聞きたいのだけど、Aさんは、どうしたらよいと思う?」それを聞いたAさんは、「どうしたらよいか分からないし、自分の権限を越えている事案だから聞いたのに…」と思いながら黙りこくってしまいました。

“ノーアイデア”ではいけません

仕事に関する知識や経験が乏しい新人社員のころは、新しい課題などに直面したときに、上司や先輩社員に「どうしたらよいでしょうか」と“答えを聞く”(=指示を仰ぐ)ことは珍しいことではありません。しかし、中堅社員になると、それまで培ってきた知識や経験をもとに、自分で考えて、自分なりの“答えを導き出す”(=判断する)ことが求められるようになります。それは、自分に決定権のない業務などであっても、自身が関わっている業務であれば、必須のことです。

中堅社員は、ただ上司の判断や指示を待つだけの受け身の姿勢でいるのではなく、常に自ら考え、行動することが求められるのです。

「経営者や管理職の重要な仕事の一つは、決断すること」ともいわれますが、中堅社員が、自分で考え、自分なりに判断するということは、決断を下せるようになるための最初の一歩ともいえるでしょう。

「コップ半分の水」に対する評価は?

目の前に、水が半分注がれたコップがあるとします。「その水は多いでしょうか。少ないでしょうか」と尋ねられたら、「半分しかないのだから、少ない」と考える人もいれば、「半分も入っているのだから、多い」と考える人もいるでしょう。

この話は、多面的な視点の例、あるいは、人によって考え方が異なることの例としてよく用いられるものです。この「コップ半分の水」の話ほど単純ではありませんが、ビジネスで直面する課題も同じです。ビジネスで判断を求められる課題は、「1+1=2」といった計算問題とは異なり、唯一の正しい答えがあるわけではない、言い換えると、多様な判断ができる課題が多いということです。

冒頭の例でいえば、「値引きに応じる」「値引きには応じない」という、いずれの判断も間違いではなく、状況に応じて異なる判断が下されることになります。

判断するのに必要となる2つの要素

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事