知らないと損? 補助金・助成金のキホン

競争力のある会社にしたい 2020年12月11日

さまざまなケースで企業を支援する補助金・助成金

1)補助金・助成金の種類

国や地方自治体などでは、企業を支援するために補助金・助成金制度を設けています。例えば、国による企業に対する補助金・助成金を見ても、経済産業省以外でも、厚生労働省、文部科学省、環境省、総務省などの各省庁や、その外郭団体にもさまざまな補助金・助成金制度があります。

特に最近は新型コロナウイルス感染症のまん延を機に、多くの企業が補助金・助成金制度の活用を模索しています。代表的な補助金・助成金制度には次のようなものがあります。

もっとも補助金・助成金は、例えば「10件の申請の中から、審査を経て3件だけ採択される(補助金・助成金を支給する)」といったように、申請したからといって必ずしも受給できるとは限らないものと、「社員に対して定められた要件に該当する教育訓練を実施した全ての会社に補助金・助成金を支給する」といったように、定められた条件を満たせば受給できるものがあります。厳密な使い分けはされていないことも多いようですが、前者を「補助金」、後者を「助成金」とすることもあります。

ここではその定義に基づく「補助金」について紹介します。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事