この記事のタグ: 会議 組織運営

会議の無駄を省いて生産性を上げるコツ

競争力のある会社にしたい 2020年11月24日

無駄が多く生産性を高められない会議にメスを

人材不足に直面する企業にとって「生産性向上」は重要なテーマです。多くの企業がIT導入による効率化や、業務プロセス見直しによる省力化などに着手しているに違いありません。しかしそんな中、今なお思うように生産性を高められずにいる業務の1つが「会議」です。

「結論が出ずに1時間過ぎた」「意見や方向性がまとまらない」「発言者は限られ、アイデアが出にくい」など、会議にあまりよくない印象を抱く人は多いのではないでしょうか。具体的かつ有効な施策や解決策を示せず終了するケースが多いことから、「会議は無駄」と思われているのかもしれません。

また最近は、新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークで社外から会議に参加する従業員も増えるようになりました。その結果、社外から参加する従業員の反応が分かりにくい、発言に対して肯定的なのか否定的なのかを都度確認しないといけないなど、会議室という「場」を共有しないことで意思疎通や合意が取りにくくなっています。

では、「非効率の代名詞」ともいえる会議の生産性を高められるようにするためには、どんな工夫やコツが必要なのでしょうか。以降で主なポイントを紹介します。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事