競争力のある会社にしたい

2017年1月22日

なぜ、できる人は1月のうちに営業目標をほぼ達成できるのか?/朝礼スピーチ

営業・マーケティング 朝礼 部下育成

bp400029

なぜ、できる人は1月のうちに営業目標をほぼ達成できるのか?

さて、今年度の第4クオーターが本格的にスタートしていますが、今ここにいる営業担当の皆さんは、それぞれ営業目標を達成できそうですか?

この質問に対して、「とにかく頑張る!」と考えた人、その前向きな姿勢は評価できます。しかし、その戦略や手法が明確でないのなら問題です。どのような営業活動をするのか、もう少し具体的に考えてください。

次に、「あの会社と成約できれば達成できる!」と考えた人、この時期にきちんと見込み客を持っていることは素晴らしいことです。ただし、1分の1で見込み客を顧客化しなければならないとなると、その計画は甘いと言わざるを得ません。

最後に、「あの会社がダメでも、別のこの会社か、こっちの会社を顧客化できれば達成できる!」と考えた人、きっとあなたは営業目標を達成することができます。どんなに細かくシミュレーションしても、ビジネスの不確実性は排除できません。そうした中で目標を達成するためには、少なくともその数倍の見込み客を持っていないといけないわけですが、あなたはそれができています。大事に接し、ぜひとも顧客化してください。

ところで、医薬品メーカーや飲料メーカーには、“せんみつ”という言い回しがあるのを知っていますか。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事