競争力のある会社にしたい

2017年8月28日

「浅はかな人」からの脱却。本質をつかむために思考力を鍛えよう

部下育成

bp400030

質問されるとしどろもどろ。上司のサポートが必要……

クライアントに新サービスのプレゼンテーションを行った中堅社員のAさん。自ら準備した資料を使ってスムーズに進めていましたが、相手からの質問が始まると、途端にしどろもどろになってしまいました。結局、上司である課長が代わって受け答えすることでその場をしのぎました。

会社に戻る途中、課長はAさんに「今日のプレゼンテーションの反省点はどこだったと思う?」と質問しました。すかさずAさんは、「作成した資料が物足りなかったことです。そのために、クライアントからたくさんの質問を受けることになってしまいました」と答えました。

これに対して課長は、「クライアントが本気で検討しているなら質問があって当たり前だよ。それに、Aさんは基本的な質問にも答えられなかったけど、なぜかな?」と聞き返しました。

するとAさんは、「いや、もっとデザインをシンプルにして、出席者全員に分かる資料を作成していればよかったと思います」と、課長の質問の意図を理解しているとは思えない答えを返しました。

その答えを聞いた課長は困り顔で、「そうじゃないと思うけどな。もう一度しっかり考えてみて」と言って、話をやめてしまったのです。

本人は“本質”に気付いていない?

端的に言うと、Aさんは、自分の考えがプレゼンテーションの“本質”からズレていることに気付いていません。では、プレゼンテーションの本質とは何でしょうか?

Aさんの例では、「サービスのメリットを正しく伝え、導入などクライアントに次の行動のきっかけをつくる」ことです。Aさんが言っている分かりやすいデザインの資料は、これを達成するための要素の1つであり、本質ではありません。

しかし、仕事を進める上で、Aさんのように本質にたどり着けないばかりか、枝葉末節にこだわっている人が少なくありません。こうした人は、周囲から「本質が見えていない。考えが浅はかだ」などと思われているかもしれません。このようなことが続けば、「この人はビジネスが分かっていない。一緒に仕事をしても得にならないな」と、相手にしてもらえなくなってしまうでしょう。

なぜ本質にたどり着けないのか?

1)自分の視点のみで考えてしまう

ビジネスにおいては、相手から、「えっ!そこですか!?」と言いたくなるような思いもよらない質問をされるのはよくあることです。相手の視点に立って考える癖を身に付けていなければ、相手から見て「分かっていない人」になってしまいます。

2)目的をしっかり捉えられていない

Aさんが資料のデザインに注目したように、本質とは違う目的を設定してしまうと、本来、調べておくべきはずのことがおろそかになります。その結果、意見を求められても、見当違いな答えを返すことになってしまいます。

3)本人の経験不足

経験不足はすぐには解消できません。しかし、現状のままの「本質からズレた物事の捉え方」をしていては成長は見込めません。そのため、上記の2つの点を認識した上で、経験を積むことが大切です。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事