競争力のある会社にしたい

2018年1月29日

今日から営業現場で使える成果につながるフレーズ

コミュニケーション 営業

bp400031

営業に「正解」はないが、「困ること」は似通っている

「絶対に成約できる魔法のフレーズがあったら知りたい」。営業担当者なら、一度はそのように考えたことがあるのではないでしょうか。営業活動は相手がいることでもあり、残念ながら「絶対に正解」な魔法の言葉はありません。

ただし、「これを聞かれたらリアクションに悩む」など、営業担当者が「困ること」は、業種を問わず共通するものです。そうした「困ること」に対応するためのフレーズを覚えておくと、成果を上げる可能性は高まるかもしれません。

相手に聞きたいけれど聞きにくい「意思決定者を明らかにするフレーズ」

特に法人営業の現場では、予算や意思決定者など明らかにしなければならないことがありますが、それを質問するのが苦手という営業担当者は少なくありません。例えば、意思決定者を明らかにするフレーズを考えてみましょう。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事