この記事のタグ: 朝礼 部下育成

「理想の自分」は最高の師匠/朝礼スピーチ

競争力のある会社にしたい 2021年5月27日

「人の器」というものは、余裕がなくなったときに如実に表れるものです。時間や体力、気持ちなどに余裕があるときは誰でも他人に優しくなれますし、格好をつけることもできます。自分の安全が確保されているからです。一方、自分に余裕がないと、そうはいきません。自分のことで手いっぱいになり、周囲をフォローできなくなります。どちらも本当の自分ですが、自分というものがより顕著になるのは、余裕がないときでしょう。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事