この記事のタグ: IT 業界動向・市場分析

家族に安心を届ける「見守りサービス」の動向

旬な話題を知りたい 2020年12月4日

確認手段で二分される見守りサービス

離れて暮らす父母や祖父母が無事に生活しているか……。普段、田舎になかなか帰省できない人でも、身内の安否を遠隔から確認できるようにするのが「見守りサービス」です。

身内が暮らす自宅の居間を映像で表示したり、電気やガスなどが定期的に使われているかを確認したりすることで安否を把握できるようにするものが一般的です。見守りサービスによっては、共働き夫婦が子供の帰宅を確認したり、飼っているペットが自宅で無事に過ごしているかを確認したりする用途でも使われています。

すでにさまざまな見守りサービスが登場していますが、最近はIoTを取り入れた見守りサービスが主流です。通信機能を備えた小型のセンサーを至る個所に取り付け、これまでよりも緻密かつ多くの情報を取得できるようにしています。安否確認にとどまらず、体調を崩していないか、病気になっていないかといったささいな異変まで気づけるのが特徴です。

その一方で、「会話する機会をつくりつつ安否を確認してもらいたい」という「人による見守り」のニーズも少なくありません。利用者の代わりに、高齢者宅を訪問するなどして安否確認する見守りサービスも根強い人気があります。

では、具体的にどんな見守りサービスがあるのか。以降で見ていきましょう。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事