この記事のタグ: 組織運営 経営者

真田信之(信幸)の名言。「真田丸」で注目される真田家の立役者

旬な話題を知りたい 2016年11月21日

真田信之(信幸)の名言。「真田丸」で注目される真田家の立役者

「常に法度(はっと)の多きは宜しからず」(*)
出所:「戦国武将のひとこと」(丸善)

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、主人公の真田信繁(幸村)の成長と、それを支える家族の物語ともいえるものです。家族の中でも信繁に大きな影響を与えたのが、父・昌幸と兄・信之(信幸)です。

信之・信繁の父である昌幸は、態度が簡単に変わるという侮蔑の意味が含まれた“表裏比興(ひょうりひきょう)の者”と評されるくせ者でした。弱小大名だった昌幸は、父の代から仕えた武田家をあっさりと見限り、時々の権力者の下に下ることで、乱世を渡り歩いたのです。

そんな真田家の命運を分ける出来事となったのが「犬伏の別れ」です。徳川家康の上杉討伐につき従って進軍中、石田三成の挙兵を聞いた真田家では、今後の進退について話し合いました。その結果、「関ヶ原の戦い」では信之が東軍に、昌幸と信繁が西軍に分かれて臨むことになります。両者が分かれた理由については、「信之が本田忠勝の娘、家康の養女とされる稲(小松姫・大蓮院)を妻とし、信繁が大谷吉継の娘とされる竹林院を妻としていたので、東西それぞれに分かれた」などとされています。どんな理由にせよ、苦しい決断であることに変わりなく、3人は結論を出すまでに長時間話し合ったというエピソードが残っています。

その後の関ヶ原の戦いで信繁は“日本一の兵(ひのもといちのつわもの)”と称されて真田家の名を高めた一方、家康に付いた信之は沼田藩、松代藩を拝領して真田家の地位を高めました。

知略を駆使した昌幸、武人として活躍した信繁。それに対して信之は、どちらかといえば父と弟の陰に隠れた存在です。しかし、信之がいなければ真田家は長きにわたって存続することはなく、現代においてこれほど一族が注目されることもなかったでしょう。

信之は戦乱の世と泰平の世のどちらの時代も、リーダーとして組織を率いてきました。時代が移り変わる中で、対外的な活動もさることながら、家臣のマネジメントといった対内的な活動でも大きな変化が求められたでしょう。そうした中で、信之が真田家をうまくかじ取りできたのは、冒頭の言葉のような方針を持っていたからではないでしょうか。

信之が家臣をどのように思っていたかはわかりません。とはいえ、父である昌幸がそうであったように、敵味方が容易に入れ替わる時代では、家臣に全幅の信頼を寄せるのは難しく、ルールや罰則によって縛りたくなるものです。

しかし、信之は家臣をがんじがらめのルールや罰則で縛り付けるのではなく、自主性を尊重してこそ、その力を発揮してくれると考えたのでしょう。また、信之は「単に命令(下知(げじ))するだけでは家臣は動かない。金銀を気持ちよく遣わして、命令しなければ戦はできない」「(戦で傷害を負うほど、奮闘した家臣に加増したいという意見に対して)傷害を負ったということは、勝負には負けたということ。そうした家臣を優遇すれば、他の家臣に示しがつかない」と語ったと伝わっており、常に人心掌握やモチベーションの管理を意識し、家臣をマネジメントしていたことがうかがえます。

現代のリーダーは、多様性を経営に生かすことが重要だといわれます。確かに、メンバーが個性を発揮できる環境は大切です。しかし、とがった個性を持つメンバー同士が激しく衝突すれば、組織はまとまりません。リーダーには、各メンバーの持ついびつさをうまくモザイクのように組み合わせて、バランスの取れた形をつくっていくという難題が課せられています。そのためには、さまざまなマネジメント手法を持つことが必要であり、信之のリーダーとしての姿勢は参考になるものだといえるでしょう。

【画像提供】
上田市マルチメディア情報センター

【本文脚注】
本稿は、注記の各種参考文献などを参考に作成しています。本稿で記載している内容は作成および更新時点で明らかになっている情報を基にしており、将来にわたって内容の不変性や妥当性を担保するものではありません。また、本文中では内容に即した肩書を使用しています。加えて、経歴についても、代表的と思われるもののみを記載し、全てを網羅したものではありません。

【参考文献】
(*)「戦国武将のひとこと」(鳴瀬速夫、丸善、1993年6月)
「産経新聞 東京朝刊(2000年10月3日・4日・5日付)」(産経新聞社、2000年10月)
「真田宝物館ウェブサイト」(長野市教育委員会 松代文化施設等管理事務所)

以上

※上記内容は、本文中に特別なことわりがない限り、2016年3月4日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

執筆者
日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。 「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。

関連記事