旬な話題を知りたい

2016年7月19日

夏休み、自分に手紙を書いてみよう/朝礼スピーチ

朝礼 部下育成

bp500010

夏休み、自分に手紙を書いてみよう

皆さん、夏休みには、心身共にリフレッシュしてください。これから夏休みを取る人にお願いがあります。小・中学生の頃には、夏休みに宿題があったでしょう。そうです、皆さんにも夏休みの宿題をお願いしたいのです。ただし、この宿題は、全員がする必要はありません。興味を持った人がすればよいのですし、小・中学生の頃のように提出する必要もありません。

私が皆さんにお願いする夏休みの宿題は、未来の自分に2通の手紙を書いてもらうことです。1通は1年後の自分に、もう1通は5年後の自分に書いてください。分量は問いませんし、書き方も自由です。今の悩み、将来への希望や不安、自分や家族のこと、仕事のこと、趣味のこと、健康のこと、あんなことをしたい、こんなことができたらいいななど、なんでもかまいません。

自分に宛てた手紙なので、自分以外、誰も読みません。素直に、思いのままを書いてほしいのです。

普段、日記を書いている人はこうした日常の出来事や自分の思いをつづるのは習慣になっているでしょう。その延長線で、手紙を書いてください。

普段、日記なんて書かない、書くのは年賀状だけという人は、箇条書きやメモ程度でかまいません。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事