「大同生命サーベイ」 2018年1月度レポート

2018年3月7日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は0.4pt(前月比+0.2pt)とプラス圏内で推移。先月に続き、最高値を更新しました。

個別テーマ 事業承継への取組み

  • 中小企業における事業承継の重要性が高まるなか、「後継者の選定状況」や「承継時の課題」を調査しました。
  • 後継者の選定状況では、回答企業の約5割が「後継者(候補含む)がいる」、約4割が「候補者なし(未検討含む)」、約1割が「譲渡・廃業予定」と回答。景況感(業況DI)が「良い」企業でも、約4割が「候補者なし」と回答されています。
  • 「後継者がいる」企業の承継相手は、「子」が約7割と最多。子以外に承継する理由は、「子に継ぐ意思がない」が約8割、「自分(親)が継がせたくない」が約2割となりました。
  • 承継時の課題では、「後継者の育成」が約7割と最も多く、ついで「承継後を見据えた経営計画策定」となりました。
    経営計画を策定している(予定含む)企業は、回答企業の約6割。「後継者がいる」企業では、約7割となっています。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201801.html