「大同生命サーベイ」 2018年5月度レポート

2018年7月12日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は0.9pt(前月比▲0.2pt)、「将来DI」は10.2pt(前月比+0.2pt)と、先月に引き続き、調査開始(H27.10)以来の最高値を更新しました。

個別テーマ 販路開拓

  • 人材育成や資金調達等と並び、中小企業の最も重要な経営課題の一つとされている「販路開拓」について、「販路開拓の取組方針」や「効果の大きかった取組み」を調査しました。
  • 販路開拓の取組方針では、「新規顧客」「既存顧客(取引量の拡大等)」の開拓を重視していると回答された企業がそれぞれ約4割となりました。
  • 過去1年の売上に占める新規顧客の割合では、「10%未満」が約8割となりました。
  • 効果の大きかった取組みでは、営業面は「経営者によるトップセールス」が約4割と最も多く、次いで「販売エリア・業種の拡大」が約3割となりました。マーケティング面は「ホームページの開設・アクセス分析」が約3割と最も多くなっています。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201805.html