「大同生命サーベイ」 2018年10月度レポート

2018年12月5日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比+0.5ptと改善し、▲1.0ptとなりました。「将来DI」は前月比▲0.8ptと悪化し、5.9ptとなりました。

個別テーマ 中小企業の人材確保と働き方改革

  • 少子高齢化の進行や有効求人倍率の高止まりが継続するなか、中小企業の「人材確保」などを調査しました。
  • 中小企業では「従業員の不足感」が昨年以上に高まっており、「運輸」「建設」「情報通信」の順で多くなっています。そのうち、「採用活動を行うが応募者が集まらない」と回答した企業は約5割、業種別では「医療・福祉」「宿泊・飲食」「運輸」の順で多くなりました。また、それらの業種では「高齢者」「女性」の活用が多く、特に「宿泊・飲食」では「外国人労働者」を積極的に活用している状況がうかがえます。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201810.html