「大同生命サーベイ」 2019年1月度レポート

2019年2月25日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比▲0.8ptと悪化し、▲1.4ptとなりました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比▲2.2ptと悪化し、4.4ptとなりました。

個別テーマ 事業承継の実態、M&Aへの関心

    中⼩企業における事業承継の重要性が⾼まるなか、その実態とM&A活⽤への関⼼について、中⼩企業経営者の意向を調査しました。

  • 事業承継の意向では、「事業承継したい」が73%、「廃業を検討」が5%となりました。
  • 「後継者決定済・候補者あり」と回答した企業(全体の50%)の後継者・候補者は、「子」が68%と最も多くなりました。一方で、「子・親族以外」に事業承継する割合は21%となりました。
    また、「候補者なし」と回答した企業(全体の20%)のうち、後継者として「相手は問わない」が38%と最も多くなりました。
  • M&Aの意向では、「関心がある(買収・売却およびその両方の合計)」が28%となりました。
  • 業種別でみると、「サービス業」が32%と全体よりも関心が高く、なかでも「宿泊・飲食サービス業」が46% 、「情報通信業」が42%、「運輸業」が34%と高くなりました。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201901.html