「大同生命サーベイ」 2019年2月度レポート

2019年5月21日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比▲1.6ptと悪化し、▲3.0ptとなりました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比+0.8ptと改善し、5.2ptとなりました。

個別テーマ 中小企業の賃上げ意向、人材への投資・定年年齢の実態

    人手不足感が高まるなか、企業が持続的に成長するために重要とされている賃上げの意向、人材への投資・定年年齢の実態について、中小企業経営者に調査しました。

  • 賃上げ意向では、「賃上げする」が58%となりました。実施方法は「月例給与のみ」が31%、「臨時給与のみ」が16%、「月例給与・臨時給与ともに」が11%となりました。
  • 中小企業の定年年齢は、「65歳未満」が33%となりました。継続雇用制度を含めた有期雇用の上限年齢は、「65歳未満」が4%となり、「定年制なし」を含めると中小企業の大半(96%)は、従業員が希望すれば65歳以上の雇用継続が可能であることがうかがえます。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201902.html