「大同生命サーベイ」 2019年4月度レポート

2019年7月11日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比▲0.8pt と悪化し、▲5.4ptとなりました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比▲1.9ptと悪化し、1.1ptとなりました。

個別テーマ 中小企業における仕事と介護の両立の実態

日本政府は、「一億総活躍社会の実現」に向けた施策の一つとして、「介護離職ゼロ」を掲げています。人口減少による人手不足や、高齢化による要介護者の増加が社会的課題となる中、中小企業における「仕事と介護の両立」の実態について調査しました。

  • 「仕事をしながら介護に従事している従業員」の有無では、「介護に従事している従業員がいる」が21%となり、過去の調査(2017.11)に比べ、3pt増加しました。
  • 「介護を理由に離職した従業員」の有無では、「離職した従業員がいる」が8%となりました。
  • 経営者自身の介護経験の有無では、「介護経験がある」が29%と、過去の調査(2015.10)に比べ4pt増加しました。
  • 過去の調査に比べ、「介護に従事している従業員がいる」「経営者自身が介護経験がある」と回答した企業がそれぞれ増加しており、要介護者の増加による事業への影響がうかがえます。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201904.html