「大同生命サーベイ」 2019年8月度レポート

2019年11月11日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比+0.3ptと横ばいで推移し、▲9.5ptとなりました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比▲2.2ptと悪化し、▲2.3ptと調査開始(2015.10)以降で最も低くなりました。

個別テーマ 健康増進への取組み

少子高齢化で労働人口が減少するなか、“生産性向上”と“労働力確保”は重要な経営課題の一つと言われています。昨今、生産性向上に向けた取組みの一つとして関心が高まっている「従業員の健康保持・増進」について調査しました。

  • 中小企業経営者の89%が「従業員の健康保持・増進が生産性向上につながる」と回答
  • 従業員の生活習慣で改善が必要と感じることは「食生活」が最も多く60%
  • 経営者自身の1日あたりの平均歩数は4,327歩(国民の平均歩数:男性7,194歩/女性6,227歩)

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/201908.html

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。