「大同生命サーベイ」2020年7月度レポート

2020年9月2日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比3.4ptと改善し、▲40.9ptとなりました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比3.5ptと改善し、▲11.4ptとなりました。

ウィズ・コロナ時代の新しい取り組み

新型コロナウイルスの影響下で新しい生活様式が求められる中、実施している新しい取り組み・工夫について調査しました。

  • 新型コロナウイルス感染拡大を契機とした、新しい取り組み・工夫の実施状況は、「実施または検討している」が58%となり、半数以上の企業が対応を始めました。具体的な取り組みは、「対顧客・取引先向けのソーシャルディスタンス対応」が37%と最も多くなりました。
  • 厚生労働省が公表した「新しい生活様式」の取り組み状況は、「実施または検討している」が82%となり、都道府県別でみると、感染拡大が懸念されている「沖縄」(94.3%)、「東京」(88.3%)で多くなりました。具体的な取り組みは、「対面での打合わせは換気とマスクを使用」が83%と最も多くなり、感染拡大防止に向け、多くの中小企業で取り組みを進めていることがうかがえます。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/202007.html