「大同生命サーベイ」2021年7月度レポート

2021年10月6日

景況感

  • 「業況DI(自社の現在の業況)」は前月差+1.4ptで、▲25.9ptと改善しました。
  • 「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月差+0.6ptで、3.8ptとほぼ横ばいとなりました。

自然災害・感染症への備え

災害発生時の被害を最小限に抑えつつ、事業を継続・早期復旧するためには、日頃からの備えが重要です。
今回は防災や事業継続に対する意識や考えについて調査しました。(2021年7月1日~7月28日)

  • 事業の継続に支障をきたすと想定しているリスクは、「自然災害」が65%と最も多く、前回調査(2020年8月)で最多となった「感染症の流行」(62%)を上回る結果となりました。
  • BCP(事業継続計画)を「策定している」が13%と前回調査(2020年8月)から2pt増加した一方で、いまだ約9割の企業が「未策定(策定予定・策定していない)」となっています。
  • BCPを策定している企業の84%が、策定後のフォローや見直しなど、BCPが有効に機能するための取組みを継続しています。

詳細はこちら
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/survey/202107.html